整体院ハルクラ

腰痛を放置してはいけない理由とは?

腰痛を放置してはいけない理由とは?

腰痛を放置してはいけない理由とは?

2022/12/22

近年、腰痛症に悩む方が増えています。
腰痛の多くは、非特異的腰痛と言われ、原因を特定しにくいとされる慢性的な腰痛です。
一方、まれに危険な病が隠れている腰痛もあります。
症状で判断することが難しいため、いずれも放置せず、早めに対処することが理想です。
そこで今回は、腰痛を放置してはいけない理由をご紹介いたします。

腰痛を放置してはいけない理由とは?

腰痛は、様々な要因で起こります。
腰痛を放置してはいけない理由は、以下があります。

脊椎の病気が隠れている可能性

脊椎とは、首の骨・背骨・仙骨・尻骨までを指します。
近年、テレワークの普及率が上がったことにより、運動不足の方が増えています。
テレワークで長時間同じ姿勢が続くと、首や腰の神経にも負担がかかります。
その結果、脊椎の病気を発症してしまうことがあるのです。
腰痛の他にしびれや足の痛みなどがある方は、早めに専門院に相談しましょう。

内臓の病気が隠れている可能性

前述したように、腰痛は軽い症状から危険な症状まで個人での判断が難しいと言えます。
ジッとしていても腰が痛む場合には、まれに内臓の疾患が隠れているケースがあります。
例えば、尿路結石、大動脈瘤、子宮の病気などです。
早期発見するためにも腰痛を放置せず、専門院に診てもらいましょう。

まとめ

腰痛は、慢性的な非特異的腰痛である場合と、病気が隠れている危険な腰痛に分類できます。
いずれも判断が難しいため、専門院に相談すると安心ですよ。
当院では、腰の痛みやしびれに苦しむ人を少しでも減らしたいと願い、高い整体技術を学び施術を行っています。
改善事例がありますので、まずは一度ご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。