整体院ハルクラ

腰痛を引き起こす生活習慣とは?

腰痛を引き起こす生活習慣とは?

腰痛を引き起こす生活習慣とは?

2022/12/08

腰痛と生活習慣は、密接に関係していると言えます。
普段の何気ない習慣で、腰痛を悪化させているかもしれません。
腰痛に良くない生活習慣を知ることで、原因の特定にも繋がりますよ。
そこで、今回は腰痛にを引き起こす生活習慣をご紹介します。

腰痛を引き起こす生活習慣とは?

長時間同じ姿勢

近年、SNSや動画配信サービスの普及により、スマートフォンを使用する方が増えています。
長い時間同じ姿勢を続けると、首や腰、神経にまで負担がかかってしまいます。
また、大人だけでなく子どもが腰痛を起こすケースも増えています。
姿勢の悪い状態が続いた結果、ストレートネック・猫背・反り腰・骨の歪みが起こり、身体のバランスが崩れてしまいます。
子どもの場合、骨も筋肉も成長過程の状態で大切な時期です。
適度に休憩をはさんで、体を動かすことを意識しましょう。

重いものを持ち上げる

日常生活のなかで、重いものを持ち上げる動作があると思います。
さらに、仕事で重いものを持ち上げる作業もあるでしょう。
なんとなく持ち上げる動作を繰り返していると、慢性的な腰痛になる可能性が高まります。
腰の負担を軽くする持ち上げ方を身に付けて、腰痛対策を行うことが大切です。
重いものを持ち上げる際は、以下を意識しましょう。
・胸を張る
・両足を開く
・両膝を曲げる
・お尻を突き出す
腰に負担のかからない前かがみの姿勢で、ぎっくり腰や腰痛を防ぐことができますよ。

まとめ

腰痛を引き起こす生活習慣は、「長時間同じ姿勢」「重いものを持ち上げる」があります。
どちらも慢性的な腰痛に繋がってしまいます。
スマートフォン視聴は、適度に休憩をはさんで、体を動かすことを意識しましょう。
また重いものを持ち上げる際は、腰の負担を軽くする持ち上げ方を意識してみてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。