整体院ハルクラ

ぎっくり腰を予防するには?

ぎっくり腰を予防するには?

ぎっくり腰を予防するには?

2022/09/09

ある日突然起こるぎっくり腰。
一度ぎっくり腰になった人は再発するケースもあるので、できれば予防したいものです。
そこで今回は、ぎっくり腰を予防する方法について解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因を特定するのは難しいですが、炎症や疲労、精神的ストレスなどが原因と言われています。
また筋肉が固くなっていたり、運動不足などで血液の流れが悪かったりすると、ぎっくり腰を引き起こす原因になるでしょう。

ぎっくり腰を予防するには

ぎっくり腰の大きな原因の1つに「運動不足」が挙げられます。
腰を支える筋肉を鍛えたり、ストレッチで柔軟にしておくことが大切です。
今回は、腹筋と背筋を鍛える方法をご紹介します。

腹筋運動

①仰向けに寝た状態で、手をお腹の上に置く
②息を吐きながら、上体を少し上げる(5秒間)
③息を吸いながら元に戻る
足先を上げても腹筋運動はできますが、腰への負担が大きいので上体を上げるのがおすすめです。

背筋運動

①うつ伏せに寝た状態で手を体の横に添える
②息を吐きながら、上体を少しそらす(5秒間)
③息を吸いながら元に戻る
無理をせずに、少しずつトレーニングしていきましょう。

まとめ

ぎっくり腰は炎症や疲労、精神的なストレスなどが原因で起こります。
腰を支える筋肉を鍛えたり、ストレッチで柔軟にしておくことが予防に繋がるでしょう。
ぎっくり腰やヘルニアなどでお悩みの方は、丹波市にある「整体院ハルクラ」までお越しください。
多くのお客様が、改善効果を実感しております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。